鉄拳シリーズの三島一也
 Sony Interactive Entertainment America LCCはPlayStation.Blogにて、歴代のPlayStationシリーズのゲームに登場するキャラクターについて、新旧のポリゴン比較を行なっている。
 初代PlayStationの発売から25年が経ち、本体の性能向上や技術革新によってキャラクターのポリゴン表現についても大幅な品質改善が図られた。記事ではPlayStationシリーズにおいて象徴的なキャラクターを取り上げ、プラットフォーム間で比較を行なっている。
「鉄拳」シリーズより「三島一也」
PlayStation(以下かっこ内はポリゴン数、推定100個)
PlayStation 4(頭部で2,800個)
髪の毛や口の内部を含めるとポリゴン数は6,000個におよぶ
「God of War」シリーズより「クレイトス」
(左)PlayStation 2(1,200個)、(右)PlayStation 3(5,700個)
PlayStation 4(32,000個)
「モンスターハンター」シリーズより「リオレウス」
PlayStation 2(1,390個)
PlayStation 4(11,274個)

90kgの荷物が4kg程度に感じられるパワードスーツ「Guardian XO」

1万本あまりのアイスの棒からマリオのドット絵調のギターを作る動画が話題に
▲[やじうまPC Watch]の他の記事を見る

関連リンク Sony Interactive Entertainment Americaのホームページ(英文) ニュースリリース(英文)

投稿者 chintablog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です