Qualcommは、同社のスマートフォン向けプラットフォームに、ハイミドルレンジ向けの「Snapdragon 670」を追加した。
 既存のSnapdragon 660と710のあいだに位置するモデル。CPUは710と同じKryo 360だが、動作クロックは200MHz低い2GHzとなっている(660はKryo 260で1.95~2.2GHz)。一方でGPUはAdreno 615で、660のAdreno 512から高速化を図った。製造プロセスは10nm。
 モデムは660と同じSnapdragon X12 LTEとなっており、下り最大600Mbps、上り最大150Mbps。Hexagon 685 DSPや、Spectra 250 IPSなども内包する。710と660との比較は下表のとおり。

プラットフォーム名

Snapdragon 710

Snapdragon 670

Snapdragon 660

プロセッサ

SDM710

SDM670

SDM660

製造プロセス

10nm

14nm

CPUコア

Kryo 360

Kryo 260

動作クロック

2.2GHz

2GHz

1.95~2.2GHz

コア数

8

GPU

Adreno 616

Adreno 615

Adreno 512

ISP

Spectra 250

Spectra 160

カメラ

2,000万画素デュアル/3,200万画素シングル

1,600万画素デュアル/2,500万画素シングル

DSP

Hexagon 685

Hexagon 680

モデム

Snapdragon X15 LTE

Snapdragon X12 LTE

LTEカテゴリ

アップリンク:13/ダウンリンク:15

アップリンク:13/ダウンリンク:12

下り最大速度

800Mbps

600Mbps

上り最大速度

150Mbps

関連リンク Qualcommのホームページ(英文) Snapdragon 670の製品情報(英文)

関連記事

Qualcomm、660から性能が最大20%向上した「Snapdragon 710」
2018年5月24日

Qualcomm、ミドルレンジスマホの機能と性能を引き上げる「Snapdragon 660」
2017年5月9日

中国OPPO、初のGorilla Glass 6採用スマートフォン「R17」
2018年8月13日

投稿者 chintablog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です